沿革

  • 1951年2月森下 正により横浜市南区に、株式会社森下機械製作所を資本金100万円にて設立
  • 9月清涼飲料会社の機械設備修理オーバーホールを施工
  • 1955年4月ボウリング機械の修理を施工
  • 1964年10月清涼飲料用自動機械の設計開始
  • 1968年10月パレタイザー製作開始
  • 1969年2月ドロップ式ケーサー及びボトルコンベヤーの製作開始
  • 1970年2月ベルト式アンケーサー製作開始
  • 1970年10月資本金を1000万円に増資
  • 1971年9月第2工場建設
  • 1972年1月デパレタイザー製作開始
  • 1973年1月グリップ式アンケーサー開発
  • 1月グリップ式ケーサー開発
  • 1979年2月MGP型ケーサー開発
  • 1983年9月EXP型ケーサー開発
  • 1985年1月資本金2000万円に増資
  • 2月ロータリー式リンサー開発
  • 1986年2月キャップ接液装置開発
  • 1987年9月設計の効率向上のため、CAD導入
  • 1989年4月設計事務所増設
  • 10月日本国際包装展にリンサー及び異種壜検査装置を出展
  • 1991年1月資本金を3000万円に増資
  • 10月事業発展のため、宮城県黒川郡に仙台工場増設
  • 1992年2月パストライザー製作
  • 2月ボトルコンベヤーラインシステム開始
  • 1993年1月ペットボトル用シングルファイラー開発
  • 2月振り分け装置開発
  • 1996年5月キャップ接液装置特許取得
  • 7月NRP型ケーサー開発
  • 1997年7月滅菌装置及びリンサー開発
  • 10月代表取締役に森下直也就任
  • 11月振分け装置実用新案取得
  • 12月仙台工場に第2工場増設
  • 1998年3月防虫対策用コンベヤー実用新案取得
  • 1999年4月ホームページ開設
  • 12月小びん用ケーサー・アンケーサー開発・製作
  • 2005年9月地域環境及び業務拡大に伴い、横浜市金沢区へ移転
  • 2006年1月プリフォーム供給機開発
  • 2011年10月充填機開発
  • 12月横浜市中区長者町に本社移転